Инструкция для MSI G41M4-F, G41M4-L, G41TM-P31, G41TM-P33

(скачивание инструкции бесплатно)
Формат файла: PDF
Доступность: Бесплатно как и все руководства на сайте. Без регистрации и SMS.
Дополнительно: Чтение инструкции онлайн
background image

49

MS-7592

Cell Menu

Current CPu/dRaM Frequency 

この項目でCPu/メモリの周波数を参照できます。(読取専用)
intel eiSt

拡張版intel 

SpeedStepテクノロジー(eiSt)の有効/無効を設定します。Speed-

StepテクノロジーはCPuの付加に応じて電圧と周波数を変化させ、過剰な電気

の消費とそれに伴う発熱を抑える機能です。現行ではWindows XP SP2以降およ

びWindows  Vistaが拡張版intel  SpeedStepテクノロジー(eiSt)をサポートしてい

ます。拡張版intel  SpeedStepテクノロジー(eiSt)をサポートするCPuを搭載し

た場合に設定が可能です。
adjust CPu FSB Frequency (MHz)

CPu FSB周波数を調整できます。
adjusted CPu Frequency (MHz)

CPuの動作周波数(FSB x倍率)を表示します。(読取専用)
advance dRaM Configuration

<enter>キーを押すと、サブメニューが表示されます。

dRaM timing Mode

この項目でdRaMタイミングがdRaMモジュールのSPd (Serial Presence de-

tect)  eePRoM情報によりコントロールするかどうかを決定します。[auto  By 

SPd]に設定すると、SPdの情報を基に、自動的に最適な設定を行います。

[Manual]に設定すると、以下のメニューを手動で設定します。
CaS Latency (CL)

[dRaM  timing  Mode]を[Manual]に設定すると、このフィールドが調整できま

す。SdRaMが読み込みコマンドを受信した後読み込みを開始するまでのタイ

ミング遅延であるCaSレイテンシーを設定します。 
tRCd

[dRaM  timing  Mode]を[Manual]に設定すると、このフィールドが調整できま

す。RaS(行アドレス信号)とCaS(列アドレス信号)の信号間隔を手動で設定し

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153